求人情報:看護師募集

各病棟の紹介

外来

外来 看護師長 志田るり子

外来部門は診療科9科(総合診療科、内科、外科、整形外科、泌尿器科、循環器内科、皮膚科、眼科、心のケア外来)と内視鏡検査部門、手術室部門があります。

現在、パートを含め24名のスタッフで各科診療、検査介助および手術室業務を担当しています。地域密着の医療を目指す当院は、協力施設に入所中の方や巡回バスで受診される高齢の患者さまが多くいらっしゃいます。受付から診察終了まで安心して診察や治療検査が受けられるように、安全に留意しながらわかりやすい説明、指導を心がけています。また患者さまの気持ちに添えるような対応ができ、受診してよかったと思って帰って頂けるように、他部門との連携を取りながら、外来スタッフ全員が明るい笑顔でチームワークよく取り組んでいきたいと思っています。

西2病棟

西2病棟 看護師長 阿達良子

西2病棟は一般病棟で病床数40床です。何科を問わず、内科・外科・整形の患者が入院しています。病棟スタッフは、看護師長を含め、看護師17名と看護助手4名です。

患者層は高齢・寝たきりで医療依存の高い患者が多く、患者に適した療養の場(在宅・施設・病院)を、見極めそれに対する支援をしていく役割を、担っています。患者家族と長期に関わるため、病棟接遇係を中心に接遇意識を高め、より良い環境の中で、安心して患者さんや家族が、医療と看護を受けられる様スッタフ一同努力しています。

西3病棟

西3病棟 看護師長 佐藤眞弓

西3病棟は48床の医療療養型病棟です。

慢性疾患を有し医療依存度が高く、医療処置が継続的に必要な患者さまや、在宅療養を目指しリハビリテーションに励む患者さまなどが多く利用されています。

当病棟は、輸液療法・酸素量法・経管栄養などの患者さまが約半数を占めますが、一方でリハ科と協働し、ADL(日常生活動作)の再獲得や維持、レクリエーションを通して回想法や音楽療法、四季の変化を味わえる内容を工夫しながら精神賦活への積極的な取り組みを行っています。

リハ科・栄養科・医療相談室など多職種と定期的にカンファレンスを行いながら、患者さまのニーズを的確に把握し、安全・安楽への援助、自立支援に向けてスタッフ一同チームワークを大切にしながら、沢山の笑顔で看護・介護を提供しています。

西4病棟

西4病棟 看護師長 古谷勢津子

西4病棟は地域包括ケア病床16床を含む46床の内科・整形外科の混合病棟です。

スタッフは病棟師長を含め看護師22名、看護助手5名の計27名で看護をさせて頂いています。

内科は消化器疾患、肺炎などの呼吸器疾患、糖尿病、尿路感染症などの入院が多く、整形外科は主に骨折術後のリハビリ治療のため急性期病棟から地域包括ケア病床へ患者を受け入れています。患者層も高齢者が多く退院に向けてはケースワーカーやリハビリなど他職種と連携し、患者や家族のニーズを尊重した退院支援にも積極的に取り組んでいます。

常にやさしさ・思いやりを大切に、安全・安心を与えられ、満足して頂ける看護の提供のため、日々の研鑽、技術の向上に努めています。

東4病棟

東4病棟 看護師長 山田裕子

東4病棟は38床の急性期病棟です。
病棟スタッフは、看護師12名、准看護師5名、看護助手4名の合計21名です。

外科・整形外科・内科の混合病棟であり、入院受け入れも多く平均在院日数は14〜17日です。手術は外科・整形外科・内視鏡的手術が行われています。外科では化学療法を行っており、化学療法が円滑に提供できるよう医師・看護師・薬剤師・栄養士・リハビリ科・検査科・医事課をメンバーとするCST(化学療法サポートチーム)があり、月に2回委員会を開催し連携を図っています。スタッフと共に患者さんに対し安全・安心・安楽を提供し、満足していただける看護・介護の提供に心がけています。

募集要項はこちら


このページのトップへ戻る