新津医療センター病院トップ > 病院の紹介:院長挨拶

病院の紹介



 「病院機能評価 Ver6.0」の認定を受けました。
当病院は、財団法人日本医療機能評価機構による第三者評価を受け、平成25年4月に所定の認定基準を満たしているとして登録され認定を受けました。



■日本医療機能評価機構とは
 医療の質の向上を図るため、医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかになった問題点の改善を支援するもので、(財)日本医療機能評価機構が行っています。財団法人日本医療機能評価機構が、第三者の客観的かつ学術的な視点から、病院の機能、安全管理体制、療養環境などを評価する制度で、病院機能評価の認定を受けていることは、一定レベル以上の医療機能を備えていることになるとともに、軽微な問題点や課題が明らかにされ、医療機能の更なる改善につながります。


財団法人日本医療機能評価機構のページへ



基本理念

私たちは、患者中心の医療を目指し、
地域の皆さんに貢献します。

■基本方針
・地域に求められる医療を提供することに、最善を尽くします。
・地域の医療福祉に携わる人々と密に連携し、迅速に対応します。
・地域の人々の健康を守るため、疾病の予防に努めます。

新津医療センター病院外観

3つのテーマ


患者の権利

当院は「患者の権利」に関する世界医師会「リスボン宣言」を遵守いたします。

・当院は貴方の「基本的人権」を守ります。
・貴方は「真実を知る権利」と「知りたくない権利」を有します。
・当院の医師を含む医療従事者には「十分な説明をする義務」が有ります。
・貴方は十分な説明を受けた後「自分で判断し決定する権利」を有します。
・医療は「貴方の自主判断」と「貴方の自己決定」にそって行われます。
・貴方は「当院の治療を拒否し病院を選び変更することを要求する権利」を有します。
・当院は貴方を適切と思われる他の医療機関に紹介する義務を有します。
・病院は不特定多数の人が集まる場所です。お互いに少しでも快適に過ごせる様に規律を守り行動する義務があります。
・当院の従事者は、就業中はもちろんのこと退職後にあっても「守秘義務」があります。
・「守秘義務」とは、業務上知り得た貴方のプライバシーに関する事項を、他人に漏らさないという義務のことです。
・医師及び医療従事者は「自らの良心や価値観・医療倫理」に反する貴方からの要求があった場合、それを拒否する事があります。
・貴方は「患者の権利」を有しますが、権利には常に義務と責任が伴うものであります。





 医療法人健進会は、平成19年9月厚生労働省所管の財団法人21世紀職業財団から「職場風土改革促進事業実施事業主」の指定を受けました。これを受け当法人は次世代育成支援対策促進法に基づいて「一般事業主行動計画」を策定し、子育て・介護を行う職員の仕事と家庭の両立を支援するための環境整備や働き方の見直しなどにより労働条件の整備に取り組んでいます。今後なお一層、職員の仕事と家庭の両立を可能にする職場環境を整備しかつ全ての職員がその能力を十分発揮できるような取り組みをすすめて行きます。





医療法人社団健進会 新津医療センター病院

1 医療安全に関する基本的な考え方

新津医療センター病院の医療安全管理に関する基本的な考え方は、人は過ちを犯すという前提に立ち、過ちを誘発しない環境や、過ちが患者の傷害などに発展しないシステムを構築することである。実施にあたって、患者と医療従事者が協力し、患者が医療に参加できる環境を作り上げていくことが重要である。

2 安全管理のための委員会その他当院の組織に関する基本的事項

医療安全に関する委員会として医療安全委員会を設置し、下部組織として医療事故対策部会を設置する
医療安全委員会は副院長を委員長とし、安全管理に関する基本的事項について審議するとともにインシデント及びアクシデントの実態把握の推進と再発防止等を行う。

3 安全管理のための職員研修に関する基本的事項

(1) 研修は、医療安全管理の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法等を全ての職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図るとともに、当院全体の医療安全を向上させることを目的とする。

(2) 研修は、医療事故対策部会が具体的な立案をし、医療安全委員会が主催する。

  1 全職員を対象に、病院組織全体で安全管理に取り組み、医療事故を防止することができるように、年2回以上の安全管理教育を実施する。
  2 部署単位、職種単位等でも定期的な研修会を実施し、特性に即したより具体的な安全管理教育を実施する。

4 事故報告等の医療に係る安全の確保を目的とした改善方策にかかる基本方針

インシデントは迅速な報告を求めるとともに、インシデントの原因分析は当事者の責任を追及するのではなく、「何が問題であるのか」「なぜ起きたのか」に視点を置いた検討を行い、改善策を立てて医療の質の向上・安全管理の改善に努める。

5 医療事故等発生時の対応に関する基本方針
(1) 第一に患者の治療に最善を尽くす。当該部署で対応できない場合は、必要な人材を動員させる。
(2) 当該部署の委員及び所属長に直ちに報告し、所属部長は病院長に報告する。
(3) 家族への連絡、患者・家族への説明は冷静、丁寧且つ誠意を持って行う。
(4) 事故の状況や説明の内容は、詳細に診療録に記録する。

6 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針
院内に当該指針を掲示するとともに、ホームページに掲載する。

7 患者からの相談への対応に関する基本方針
病状や治療方針などに関する患者からの相談に対しては、誠実に対応する。

8 その他
本指針の見直し、改正は随時行うこととし、改正は医療安全委員会の決定により行う


新津医療センター病院 概要

病院名 新津医療センター病院
経営母体 医療法人社団健進会
開院年月日 昭和58年6月1日
所在地 〒956-0025 新潟県新潟市秋葉区古田610番地
TEL/(0250)24-5311 FAX/(0250)24-5094 歯科・歯科口腔外科(直通)TEL/(0250)24-5440
院長 豊島 宗厚
副院長 白井 良夫
事務部長 田端 芳男
診察科目 総合診療科・内科 ・ 消化器内科 ・ 神経内科 ・ 糖尿病内科 ・ 呼吸器内科 ・ 禁煙外来
循環器内科 ・ 外科 ・ 消化器外科 ・ 肛門外科 ・ 乳腺外科 ・ 消化器科
呼吸器科 ・ 乳腺科 ・ 整形外科 ・ 泌尿器科 ・ 皮膚科 ・ 眼科
心のケア外来 ・ 歯科 ・ 歯科口腔外科 ・ リハビリテーション科 ・ 放射線科
人間ドック ・ 事業所健診 ・ 特定健診 ・ 新潟市がん健診 ・ 個人健康診断
許可病床数 174床(一般病床126床、療養型病床48床)
救急指定 2次救急指定
主要委員会
・倫理委員会
・施設計画委員会
・院内感染対策委員会
・栄養委員会
・NST委員会
・教育委員会
・業務検討委員会
・図書委員会
・安全対策委員会
・苦情処理委員会
・臨床検査適正化委員会
・人事委員会
・化学療法サポートチーム委員会(CST委員会)
・褥瘡対策委員会
・輸血療法委員会
・地域連携運営委員会
・パス委員会
・広報委員会
・医療ガス安全管理委員会
・治験審査委員会
・診療録管理委員会
・個人情報保護検討委員会
協力医療機関 【介護老人福祉施施設】
・特別養護老人ホーム かんばらの里 隣接 新潟市秋葉区古田613-1
・特別養護老人ホーム はさぎの里 新潟市秋葉区七日町186-9
・特別養護老人ホーム こぐち苑  新潟市秋葉区小口443
・特別養護老人ホーム 蒼丘の里 新潟市秋葉区矢代田3092-1
【地域密着型介護老人福祉施設】(小規模特別養護老人ホーム)
・こうめの里 新潟市秋葉区小屋場335-1
・別養護老人ホーム 真寿苑 新潟市秋葉区大鹿 522
・矢代田苑 新潟市秋葉区矢代田1234番地1
【ケアハウス】
・真寿苑 新潟市秋葉区大鹿 522
【認知症対応型共同生活介護施設】
・グループホーム 風見鶏  新潟市秋葉区柄目木352
・グループホーム たきや  新潟市秋葉区滝谷4-19
【小規模多機能型居宅介護事業所】
・さぽーとハウスこでまり 新潟市秋葉区荻島3−20−24
・よってけ亭 新潟市秋葉区滝谷4-19
・こもれび亭  新潟市秋葉区大鹿
・安らぎ健康会 新潟市秋葉区小須戸3886番地1
在宅療養支
援連携医院
・ほしの医院 新潟市秋葉区北上新田804-1 TEL/(0250)22-6522
・五十嵐医院 新潟市秋葉区出戸177-1 TEL/(0250)22-2721
・伊藤医院 新潟市秋葉区中沢町9−3 TEL/(0250)22-6171
・ささえ愛よろずクリニック 新潟市秋葉区滝谷4-20 TEL/(0250)47-7285 




・日本消化器病学会専門医制度関連施設
・日本外科学会外科専門医制度関連施設
・日本消化器外科学会専門医制度関連施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設





・救急告示病院
・保険医療機関
・労災保険指定医療機関
・更生医療指定医療機関
・生活保護法指定医療機関
・結核予防法に基づく指定医療機関
・身体障害者福祉法指定医
・原子爆弾被害者一般疾病指定医療機関
・特定疾患治療研究事業委託医療機関





〔入院基本料〕
T)東4病棟(40床)
・一般病棟入院基本料10対1の入院基本料の届出を行っており、入院患者10人に対し1人の看護職員
(うち看護師7割以上)がいます。
・当病棟では1日14人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。
・当病棟では急性期看護補助加算25対1(看護補助者5割以上)の届出を行っており、看護補助員7人以上を配置しています。

U)西2病棟(46床)
・障害者施設等入院基本料10対1入院基本料の届出を行っており、入院患者10人に対し1人の看護職員(うち看護師7割以上)がいます。
・当病棟では合わせて1日14人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。
・当病棟は特殊疾患入院施設管理加算の届出を行っており20名以上の看護職員及び看護補助職員を配置しています。

V)西4病棟(40床)
・地域包括ケア病棟入院料1の届出を行ており、入院患者13人に対し1人の看護職員(うち看護師7割以上)がいます。
・看護職員配置加算および看護補助者配置加算の届出を行っています。

W)西3病棟(48床)
・療養病棟入院基本料1 20対1入院基本料の届出を行っており、入院患者20人に対し1人の看護職員(うち看護師2割以上)がいます。
また20人に対して1人の看護補助者が勤務しており、1日8人以上の看護職員および8人以上の看護補助職員が勤務しています。

〔入院時食事療養〕
当院では入院時食事療養(T)及び入院時生活療養(T)の届出を行っており、管理栄養士
又は栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供し
ています。

〔個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書の発行〕
当院では、医療の透明化や患者への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発 行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しています。
また、公費負担医療の受給者で医療費の自己負担のない方についても、明細書を無料で発行しています。


施設基準における掲示事項

〔基本診察料〕
@ 診療録管理体制加算2(全病棟)
A 医師事務作業補助体制加算1(20対1)(全病棟)
B 急性期看護補助体制加算(25対1)(看護補助者5割以上)(東4病棟)
C 看護必要度加算2(東4病棟)
D 重症者等療養環境特別加算
   2床室・・・東402、東411
E 療養病棟療養環境加算1(西3病棟)
F 療養病棟在宅復帰機能強化加算(西3病棟)
G 栄養サポートチーム加算(東4病棟・西3病棟)
H 感染防止対策加算2(全病棟)新潟市民病院、下越病院
I 退院支援加算1(全病棟)
J 後発医薬品使用体制加算1(東4病棟、西2病棟) 
K 病棟薬剤業務実施加算(東4病棟・西3病棟)
L 特殊疾患入院施設管理加算(西2病棟)
M データ提出加算1ロ(全病棟)
N 認知症ケア加算2(全病棟)


〔特掲診療料に関する事項〕
@ 肝炎・インターフェロン治療計画料
A 薬剤管理指導料
B 検体検査加算T・U
C 外科化学療法加算T
D CT撮影及びMRI撮影(マルチスライス16列以上)
E 無菌製剤処理料
F がん治療連携指導料
G コンタクトレンズ検査料T
H 運動器リハビリテーション(T)
I 呼吸器リハビリテーション(T)
J 脳血管リハビリテーション(T)
K ニコチン依存症管理料
L 輸血管理料U
M 輸血適正使用加算
N 在宅療養支援病院
O 夜間休日救急搬送医学管理料
P 麻酔管理料T
Q 医療機器安全管理T
R 胃瘻造設術
S 胃瘻造設時嚥下機能評価加算

〔歯科関連〕
@ 歯科外来診療環境体制加算
A クラウンブリッジ維持管理加算
B 歯科治療総合医療管理料



〔医療実績〕 平成27年1月〜平成27年12月
年間外来数  50,218人  186.7/日
年間入院数  51,816人  142.0/日
病床利用率  81.59%  
平均在院日数 17.41日  一般
紹介率 18.21%  
逆紹介率  36.02%  

〔内視鏡件数〕 平成27年1月〜平成27年12月
胃カメラ GIF 1,243件
大腸ファイバースコープ CF 234件
エコー US 130件
胃粘膜剥離切除術 ESD 5件
内視鏡的粘膜切除術 EMR 29件
内視鏡的逆行性膵胆管造影 ERCP 12件

〔手術に関する医療実績〕平成27年1月〜平成27年12月
 医科点数表第2章第10部手術の通則の5及び6に掲げる手術届出状況報告

区分1に分類する手術 ア〜オ 0件
区分2に分類する手術 ア〜オ・キ 0件
区分2に分類する手術 カ 1件
区分3に分類する手術 ア〜キ 0件
区分4に分類する手術 3件
その他の区分    人口関節置換術 0件


併設施設

介護老人保健施設 健進館

〒956-0025 新潟県新潟市秋葉区古田608番地(新津医療センター病院隣接)
TEL:(0250)23-5152 FAX:(0250)22-2715
設置形態/併設型
入所定員/100名
通所リハビリテーション(デイケア)定員/30名

健進館 外観
訪問看護ステーション にいつ

〒956-0025 新潟県新潟市秋葉区日宝町5番25号
TEL:(0250)24-8211/FAX:(0250)25-2426
居宅介護支援事業所併設

居宅介護支援事業所 日宝町

〒956-0863 新潟県新潟市秋葉区日宝町5番25号
TEL:(0250)22-2083/FAX:(0250)22-2121

居宅介護支援事業所日宝町 外観
新潟市地域包括護支援センター にいつ日宝町

〒956-0863 新潟県新潟市秋葉区日宝町5番25号
TEL:(0250)22-1931/FAX:(0250)21-0202

新潟市地域包括護支援センターにいつ日宝町 外観


このページのトップへ戻る